惜しまれつつ退団した歌声が魅力的な娘役彩花まりさん

元宝塚歌劇団宙組の彩花まりさん。2009年に95期生として入団し、宙組『薔薇に降る雨』『Amour それは…』で初舞台を踏みました。
宙組に配属になり、2012年『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』ではトップスター演じるラインハルトの少年時代に選ばれました。2013年『風と共に去りぬ』の7年目までの若手だけで演じる新人公演では、ヒロインのスカーレットの影の存在であるスカーレット�Uに抜擢されました。最後の新人公演となった2016年『Shakespeare〜空に満つるは、尽きせぬ言の葉〜』では、専科の美穂圭子さん演じるエリザベス1世を演じ、落ち着いた演技と迫力のある歌声を聴かせました。
2016年博多座公演『王家に捧ぐ歌』では、宝塚初演の際に当時のトップ娘役である檀れいさんが演じたアムネリス役に抜擢されました。
2017年『神々の土地〜ロマノフたちの黄昏〜』『クラシカルビジュー』で退団されました。『神々の土地』では、次期トップスターに内定していた真風涼帆さんの婚約者の公女アリーナを演じました。kireimo 店舗