関東を襲った地震。でもあまり驚きませんでした。

関東地方を中心に震度4の地震がありました。
ニュースでも久々に関東を襲ったこの地震のことをたびたび報じていますが、我が家でも揺れを確認したにもかかわらず、私も夫も大した反応を示しませんでした。
まだ半分寝ぼけていた時刻だったというのもありますが、マンションの上階に住んでいるためそこそこの揺れを体験したにもかかわらず、「ああ・・・また地震か」という程度の感想しか持てませんでした。
それもそのはず、かつての東日本大震災と、それに続く長期間の余震とで、すっかり地震に慣れてしまったのです。
あれから6年もの歳月が経ちますが、あの大地震のショックと、それに続く余震とで、いわゆる「地震酔い」になるほど地震に慣れてしまった私たちですので、ちょっと大きな揺れが来たくらいでは全く動揺しなくなってしまいました。
ちなみに私たちの住んでいる地域では震度3を記録したそうですが、「大したことない」というのが正直な感想です。
こんなことに慣れてしまうというのも、よく考えたら怖い話ですが、あの余震におびえる日々が、悪い意味ですっかり私たちから地震への警戒心を奪い去ってしまいました。
日本の建物は丈夫だから、よほどの地震でもないと倒壊しない、と思っていることも一つの要因なのですが・・・。
さすがに、震度5や6の大きな揺れが来たら慌てるかもしれませんが、その時はきっと津波や、原発への心配が先に立つことでしょう。
ともあれ、いつ大きな地震が来てもおかしくないと言われている昨今、日々の備えはきちんとしておかなければなりません。
今回の地震が大震災の引き金になるかもしれず、ちょっと恐怖を感じつつも、食料や水の備蓄をもう一度確認しようと思いました。ベルタ葉酸サプリ 妊娠中

雲のでき方法や土砂降りの粒と雲の粒について勉強した

雰囲気の訳について演習しました。雰囲気中には、瞳には見えない湯煙(水の分子)が含まれています。露点は、雰囲気まん中の湯煙が凝結し、水滴になる気温だ。コップを用意して、くみ置きの水に氷水を少しずつ付け加えます。コップに接して要る雰囲気まん中の湯煙が冷水によって冷やされ、水滴になります。露点は、雰囲気まん中の湯煙音量によって決まります。満杯湯煙音量は、雰囲気の気温によって決まります(大きいほど多い)。ミストは、地表実情近くで雰囲気中に浮かぶきわめてちっちゃな水滴だ。霜は、雰囲気まん中の湯煙が昇華して土地や物体についたものです。霧氷は、ミストの粒が樹木などに凍りついたものです。雰囲気の固まりは、上昇するにつれ膨張して気温が下がり、露点に達するとある湯煙が水滴になり雲ができます。雲の粒の嵩は土砂降りの粒の100万分の1ほどで、土砂降りの粒がサッカーボールなら雲の粒は仁丹くらいのがたいだ。雲の粒の降る速さは薄く、たたきつける途中で蒸発してしまう。また、増加気流にのっているので雲は浮かんで見える。知らないことを勉強して良かったです。ミュゼ 顔 ヒゲ 脱毛