自家製スポンジ甘味のキメとふわふわ容態

昔からスポンジケーキは自家製をして焼いています。手間がかかるように見えますが、実はコンテンツさえ計れば、簡単です。玉子の白身のメレンゲ組立もハンドミキサーがあれば直ちにできてしまいます。ベーキングパウダーがなくても、白身のメレンゲのおかげでスポンジのように十分に膨らみます。ふわっと焼けたスポンジケーキに生クリームとイチゴで飾りをして、家族も喜んで食べて頂ける。
確かに自家製ケーキはうまいのです。コンテンツもシンプルに玉子、バター、砂糖、小麦粉のみだ。しかし、たとえふっくらときめの詳しいメレンゲを作ってケーキにしても、ケーキ屋君のようなキメのこまかいふかふかしたスポンジにはならないのです。何でだろう、おんなじコンテンツのはずなのに、あのキメは何とさらに不思議に思っていました。ケーキ屋君のようなキメの細かいスポンジケーキには、スポンジケーキ専用起泡剤というのが使用されているというのです。これを使用すると、あの優しいふんわりした口どけのスポンジになるそうです。なるほど、玉子をメレンゲにするだけではあぁはならないことが可愛く分かりました。でも、一般家庭では使用することもないので、なるたけキメの細かさがお仕事場のケーキのように生まれ変われるみたい、四六時中メレンゲ組立を試していきたいだ。http://www.fndg.co/acom/

無性に聴きたくなってダウンロードする事がある

自分のタブレットで月額で契約しているのが、音楽配信サービスのアプリです。配信中の曲で、自分のマイリストに登録が可能な曲数の範囲であれば好きな曲を聴くことが出来るので重宝しています。
そして自分のマイリストを後で振り返りながら聴くと、子供の頃に流行っていた曲や昔良く聴いていた曲の方が最新の曲のダウンロードよりも多い事に気づきました。自分にとっての懐メロは青春時代を思い出させてくれたり、CDを持ってなくても何となく耳に残っていて何時までも聴いていたい気分にさせられます。
昔はその時代に流行っている曲を聴き続けるんだろうと思っていましたが、今となっては昔の曲の方が聴きたくなって、大人になると共に自分の想いも変わっていくんだなと実感しています。それでも好きな曲はいくつになっても好きなままでいるというのは曲が色あせないのと色々な思い出が詰まっているからだと思います。
ついつい口ずさんで歌ってしまう曲も何曲かあるので、カラオケに行った時には思い切って歌おうと思います。キレイモ 前日